学校法人山崎学園 富士見中学校高等学校

受験生の方へ在校生・保護者の方へ卒業生の方へ

理事長・学校長メッセージ

理事長メッセージ

─ 建学の精神 純真・勤勉・着実 ─

理事長 山崎やまざき 二三恵ふみえ

本校の創立者山崎種二は尋常小学校を卒業した後、15歳で米問屋に奉公に出ました。彼が生涯にわたり、よりどころとしたのが「しん万事ばんじもとす」という格言です。「信頼を得られる人となる」という信念のもと事業を成功させ、その後、教育・文化の分野に情熱を傾けました。校内には多くの芸術作品がありますが、これらは日本画に機微を求めた種二の柔らかな心の表れです。

かつて激動の時代に常に先を読み一心に学び続けて柔軟に対応しながら成長した種二。彼の想いは初代校長の深井鑑一郎の「純真・勤勉・着実」という建学の精神に引き継がれました。「純真」はまっすぐに、「勤勉」は学び続ける、そして「着実」は一歩一歩努力を惜しまず積み重ねることを意味します。

これからの子どもたちはまさに革新の時を進んでいきます。富士見には自分を信じ、信頼される女性として豊かな心を育む上質な環境があります。6年を通して生涯の基礎作りとなる充実した時を過ごし、成長できることを心より願っています。

学校長メッセージ

─ 未来を生きる生徒たちに自由に自分の人生を切り拓く力を開花させたい ─

学校長 佐藤さとう 真樹まさき

今の中高生が暮らす未来の社会はいったいどうなっているでしょうか? 超少子高齢社会を迎え、グローバル化と絶え間ない技術革新により、社会構造や雇用環境は大きく変化し、生き方は多様です。

富士見の教育目標「社会に貢献できる自立した女性の育成」は、このような未来社会においてさまざまな課題を自分事として捉え、その解決に取り組める女性、そして自己実現力を持った心豊かな女性を育てることです。

そのためには、しっかりとした「自分軸」と「社会軸」を持つこと、たとえ失敗や挫折をしてもまた必ず起き上がり“たくましく生きていく力”を身につけることが大切です。

現在、本校のあらゆる教育場面で、「自分の意見を形成する力」「人を巻き込む力」といった「17の力」を育む指導を進めているのもそのためです。一つひとつの力に対して6段階のルーブリックを作成し、自己評価や相互評価に利用しています。

変化の激しい、そして予測ができない未来を生きる生徒たちに、自分の人生を切り拓く力を開花させることが、私たちの使命です。

独立行政法人 国際協力機構(JICA)が発行するソーシャルボンド(SDGs)への支援について

 学校法人山崎学園は、このたび、独立行政法人 国際協力機構(JICA)が発行するソーシャルボンド(以下 JICA債)を購入し、JICAの活動を支援することを決定しましたのでお知らせいたします。

 ソーシャルボンドとは、調達された資金が、開発途上国の基礎インフラ開発や社会サービスへのアクセス改善等、社会課題(教育・女性の地位向上)対応を目的とした分野への投融資に利用されることを前提として発行される債券です。

 本ソーシャルボンドにより調達された資金は、JICAが実施機関となっている政府開発援助(ODA)の有償資金協力事業を通じて使用されます。事業の実施においては、明確なルールのもと、透明性・公正性を確保しており、投資された資金の使途やその成果を確認することができます。また、2019年12月20日に日本政府が公表した「SDGs実施指針改定版」において、JICA債の発行がSDGs達成に必要な資金を確保するためのファイナンスとして掲げられています。

 当法人は、JICA債への投資が開発途上地域の経済・社会の開発、日本及び国際経済社会の健全な発展のために活用されることにより、地域社会の発展に繋がっていくことを期待し、JICA活動を通じてSDGsの取り組みを支援することを決定いたしました。当学園は、教育方針として『社会に貢献できる女性の育成』を標榜しており、こうした社会的課題や環境問題の解決に繋がる事業、SDGsの達成に貢献する事業を微力ながらサポートしていきたいと考えています。これまでもこうした有価証券投資による資産運用収益を生徒への奨学金や家庭への経済支援、教育研究活動の向上のために活用してきました。今後も引き続き、持続可能な社会の形成に寄与すべく、学内の探究学習にも取り組みながら『グローバル人材の育成』を目指す、教育機関として社会的使命・役割を引き続き果たして参ります。

債券名 第59回 国際協力機構債券
年限 10年(2021年6月~)