学校法人山崎学園 富士見中学校高等学校

受験生の方へ在校生・保護者の方へ卒業生の方へ

卒業生の声

仲間と支え合い、刺激し合う6年間。挑戦し、あきらめずに全力で取り組む姿勢を培った。

Interviewer西 和音木村 桃子近藤 有紀子(2011年卒業)

  • 西富士見時代を振り返って、まず思い出すのは剣道部のこと。試合で勝ったり、昇段審査で結果が出たときは本当にうれしかったけど、それ以上に、きつかった練習の思い出が大きいな。今も剣道部の仲間と会うと、「夏休みの合宿つらかった!」とか「あのときの練習、大変だったね」という話ばかりしているわ(笑)。
  • 近藤私も器械体操部のことが最初に思い浮かぶ。とくに高2でクラブをまとめる立場になったとき、ちょうど顧問の先生が産休に入られて、自分たちだけで今後の運営について考えなければならなくなって、同学年のみんなで本気で話し合ったことがすごく印象に残ってる。
  • 木村クラブに一心にがむしゃらにがんばっていたあの頃が懐かしいね。練習内容とか後輩の指導とか、みんなの意見がぶつかり合って、部室で泣きながら話し合ったこともあった(笑)。私は部長だったこともあって、プレッシャーも感じてたな。
  • 近藤あんなにひとつのことに集中して仲間と熱く話し合うなんて、あのころだったからできたことだと思う。富士見にはどんなことにも全力で取り組む空気があったよね。
  • 木村確かにそうだね。それに富士見はクラブ以外にも芙雪祭や体育祭、ダンス発表会など私たちが主体となって活動する場がたくさんあって、いつも何か新しいことに積極的に挑戦していたな。そういった機会を通じてチャレンジ精神が身についていった気がする。
  • 西私は6年間剣道部を続けたことで、あきらめない心を培ったと思ってる。厳しい練習に耐えて最後まで続けられたことが、その後の人生で試練にあっても乗り越えられる自信になった。つらいことがあっても、「あのときがんばれたんだから、今だってやれる!」って思えるんだよね。
  • 近藤器械体操部でも、きつい筋トレや基礎練習をやり切って忍耐力が身についたと思う。あとは友だちの存在も大きいな。クラブもそうだけど、大学受験も一緒にがんばる仲間がいたから乗り越えられたと思ってる。
  • 木村私も受験勉強という言葉を聞いて、真っ先に思い出すのは自習室で一緒に勉強したみんなの顔なんだよね(笑)。
  • 西先生方も徹底的につき合ってくださったよね。私は予備校に行かなかったこともあって、自習室で勉強していてわからないことがあったら、必ず先生に質問に行くようにしてた。わからないことをわからないままにして帰ることはなかったな。
  • 木村それに先生方は、私たちが目標を掲げたら、けっして否定することなく、私たちにとことんつき合って後押しをしてくださった。だからこそ何事にも恐れずに挑戦できたと思う。私は最後の試合に出るために高3の6月まで残ってクラブを続けて、そこから受験勉強を始めたときも「絶対にできる」という自信があった。
  • 近藤あえて難しいことにチャレンジする気持ちは、中高時代に培われたよね。就活のとき、優秀な仲間のそろう会社を選んだのも、「周りのレベルが高いからこそ、自分も成長できる」と考えたから。富士見の6年間で、挑戦することへのハードルが下がったと思う。
  • 西私は剣道で3段の昇段審査を受けたとき、同学年で一人だけ落ちてしまい、もう受けるのをやめようと思ったんだけど、顧問の先生や友だちがみんな練習につき合ってくれて、2回目で合格することができたの。勉強も、もともと成績がよかったわけではないけど、あきらめずにがんばれた。そうした経験がすべて今につながっていると感じるわ。ずっとあこがれていた客室乗務員の仕事に就いてからも、覚えることは多いし、お客さまが100%満足してくださるような仕事をするのは難しいと思うこともある。でも「昨日より今日、今日より明日!」と少しずつ成長できる自分でいたいと思ってる。
  • 木村私は新しいことに挑戦をするために転職という道を選んで、今の会社の地方拠点の立ち上げに携わったけれど、まさに富士見で培ったチャレンジ精神が自分の根本にあって今の仕事にも活きていると思ってる。中高時代のさまざまな壁を乗り越えてきた経験が、「絶対に成功させるぞ!」という気概につながっている。
  • 近藤これからは仕事も家庭も全力で両立し、女性としてロールモデルと思ってくれる後輩ができたら嬉しいな。
  • 西私は小さなジャンプを繰り返してきたことが大きなジャンプにつながっていると思うから、これからも地道にがんばっていきたい。
  • 木村自分にとって新しいことにチャレンジしている瞬間が、いちばん私が輝けていると感じる。だからこれからも挑戦をし続けられる自分でありたい。今後は今の環境でキャリアアップしつつ、興味のある地方創生という分野で新しい仕掛けをつくることに挑戦したい。
  • 近藤富士見ではいつでも先生や仲間が支えてくれたから、仲間の力を信じられるようになったと思う。刺激もいっぱいもらってきた。これからもお互いにがんばろう! 末永く、よろしくね(笑)。