〒176-0023 東京都練馬区中村北4-8-26

TEL.03-3999-2136/FAX.03-3999-2129

ホーム > 進路指導

進路指導

各学年で生徒の発達段階を考えながら、それぞれの自己実現を援助していくための進路指導を実践しています。●自己理解や自己発見を深める内容●社会を知り、社会と関わり、思いやりの精神を育む内容●先輩の生き方・考え方を学び、自分の将来を見つめる内容。これらを核とした、生徒自身が自分の手でよりよい未来を切り開くためのプログラムです。

 

卒業生による進学シンポジウム

身近な人の話を聞き将来の生き方を考える

中3

高1

卒業生を招き、中学高校時代の進路の決め方、大学での学び、現在の仕事や生活についての体験を語っていただく機会を設けています。遠い存在の人でなく、身近な人から実体験を聞いて共感するなかから、自らの将来に思いを馳せ、生き方や将来設計について真剣に考える機会としています。生徒たちにとっては、進路を現実的に考えていく上でも貴重な講演会となっています。

 

卒業直後の高校3 年生からのアドバイス

身近な体験談から、自分の将来をリアルに描く

中3

高3

受験を終えたばかりの高3生が、進路(コース)を具体的に考えはじめた新中3生や大学受験に臨む新高3生に対して、自分の経験を生かしたアドバイスを行います。苦労を乗り越え、夢を達成して晴れ晴れと語る高3生は、クラブの先輩だったり、顔を見知っている先輩だったりするだけに、後輩たちの表情は真剣そのもの。話を聞くうちに、おぼろげだった進路の輪郭が見えてきたり、また「自分も頑張らなければ」とポジティブな刺激を受けるなど、気を引き締めて新学期を迎えるための貴重な場となっています。また、「卒業生から後輩へのメッセージ」も、冊子にして配布。各教科の勉強法、不得意科目の対策、志望校決定の理由、健康・精神面へのアドバイスなど、親身で具体的な情報がいっぱいです。

 

進路適性検査

高1

高1では「学びみらいPASS(河合塾)」を利用した進路適性検査を導入しています。従来のR-CAPによる学問適正や職業適性に加えて、PROG-Hによって高校入学時の現段階において、社会で求められる力(ジェネリックスキル)がどれほどあるかを測定します。社会に出て周囲と協働して仕事にあたる能力は、決して高校生活と分断されたものではありません。日常の学校生活や委員会活動、そして行事などを通して、それらの能力を育成し、充実した高校生活を送ってもらうきっかけとしています。

 

キャリア甲子園

高1

高1では一昨年度より、有志の生徒たちがマイナビ主催の「キャリア甲子園」に参加しています。キャリア甲子園とは、協賛企業からテーマに沿って高校生がビジネスアイディアを創造し、競う大会です。昨年度、本校では47名13チームが参加し、8チームが本選進出、4チームが準決勝まで進みました。どのチームも協力してリサーチ、ニーズ分析、新商品・サービスの提案を行い、予選・本選ですばらしいプレゼンを披露。審査員より高い評価を得ました。