ホーム > 学園ニュース > 「トビタテ!留学JAPAN」参加生徒による留学説明会
2017年11月18日(土)

「トビタテ!留学JAPAN」参加生徒による留学説明会

 11月17日(金)昼休み、高校1年生で、学校外奨学金制度「トビタテ!留学JAPAN」を利用して、この春に20日間イギリスに留学予定の生徒が、同じように留学に興味のある中3生、高1生向けに、自分の利用した奨学金制度の説明会を行いました。

 富士見には高1夏にアメリカ・オーストラリアへの3週間程度の海外研修、同時期に3ヵ月弱のニュージーランド1学期留学、高1冬からのニュージーランド1年留学の4つのプログラムがあります。一方で、長期休み中に自分で申し込んで外部の海外研修(ボランティアなども含む)に参加したり、外部の1年留学制度を利用する生徒ももちろんいます。外部の留学制度を利用する場合には特に、事前に単位認定の仕組みなどを十分に理解し、教員と相談して申し込む必要がありますが、そうした学校外でも活躍する富士見生は毎年増えています。

 さて、今回説明会で発表した高1の生徒は、イギリスで、語学学校に通いながら、イギリス料理について、現地のレストランや料理学校、市場を訪問して研究をするそうです。彼女は中3の卒業研究で「イギリス料理はほんとうにまずいのか?!」について調べ、「実際、現場を訪問して自分の目と舌で確かめたい!」と感じ、「トビタテ!留学JAPAN」に応募したそうです。応募倍率は5倍ほどあったようですが、彼女のこうした熱い思いが審査員の方々に伝わったのでしょう。実りある留学になることを期待します。

IMG_2510