ホーム > 富士見の歴史

富士見の歴史

本校の前身、富士見高等女学校は、大正13年、現在と同じ練馬の地に設立されました。当時は寄宿舎を備え、遠く九州や北海道からも学問の志を抱いた子女が集まってきました。250名で出発した富士見高等女学校は、昭和14年には620名を擁する規模となり、その後昭和15年、初代理事長・山﨑種二が財団法人山崎学園を設立して経営を引き継ぎました。ここに山崎学園富士見中学校・高等学校の歴史が始まります。

学園の基礎が築かれた最初の10年間を経て、施設の拡充、教育内容の充実と共に生徒数が増加。平成を迎える頃には外国人教師の導入、海外研修の実施、教育課程の改善など時代が求める教育内容を着々と充実していきました。

平成2年、学園設立50周年を迎えた本校は21世紀を担う若い人材を育成するための施設として記念館を建設。平成3年度より、中学校の学級増による中高6ヶ年一貫教育の体制を実現し、生徒の学力水準の向上と進路の希望に応える指導を強化しました。本校は純真・勤勉・着実という建学精神のもと、豊かな人間形成と知的・個性的な女性の育成をめざして努力を重ね、さらに新しい時代に向かって前進し続けています。

沿革

大正13年04月 富士見高等女学校として発足
昭和15年05月 山崎学園設立。経営を引き継ぐ。理事長・山﨑種二、校長・深井鑑一郎
昭和18年05月 校長に鈴木薫就任
昭和22年04月 学制改革で富士見中学校設立
昭和23年03月 富士見高等学校設立
昭和24年03月 富士見高等女学校廃止
昭和29年12月 円形校舎完成
昭和32年10月 特別教室校舎完成
昭和34年04月 高校校舎および体育館完成
昭和39年07月 プール完成
昭和40年03月 図書館・視聴覚室増築
昭和42年03月 本館完成
昭和46年04月 校長に頼富清彦就任
昭和56年03月 新体育館完成
昭和56年09月 校長に本橋正義就任
昭和57年12月 中学新校舎完成
昭和58年09月 理事長に山﨑誠三就任
昭和59年05月 山崎記念講堂完成
昭和63年04月 校長に道廣史行就任
平成02年11月 設立五十周年記念館完成
平成04年04月 校長に諸田敬一就任
平成10年04月 校長に大和明就任
平成13年04月 校長に深町敏夫就任
平成20年04月 学園長に山﨑誠三就任、理事長に深町敏夫就任、校長に板倉清就任